チャクラをクリアに保つには

Home > 記事一覧 > チャクラをクリアに保つには

チャクラをクリアに保つ方法についてのご質問は、私が戴く中でもトップ3に入ります。

私なりに少し解説してみたいと思います。

主要8チャクラについて

すべてのチャクラを合わせたらとてもたくさんあるのですが、ここでは体内の主要8つのチャクラについてざっくりとした説明をするにとどめます:

  1. ルートチャクラ
  2. セイクラルチャクラ
  3. ソーラープレクサスチャクラ
  4. ハートチャクラ
  5. サイマスチャクラ
  6. スロートチャクラ
  7. サードアイチャクラ
  8. クラウンチャクラ
  1. ルート・チャクラ

この肉体に入っていることが安全であると感じられる、世界に居場所があり守られているという基本的安心感を司っているチャクラです。家族や両親との間に感情的・身体的な確執があったり、肉体的・感情的なトラウマが残っている場合、ブロックが生じたり回転速度が弱まったりします。回転が速すぎると、男性なら性欲過多になったり不健全な拝金主義として現れることもあります。

      2.セイクラル・チャクラ

セクシュアリティ、クリエイティビティ、美的感覚などを司るチャクラです。美しさやかわいらしさを愛でたり、健全な母性や父性を現わします。現実生活の中で経済活動をしっかりと行っていく基盤でもあります。セクシュアリティに傷を抱えていたり、本来の性を大切にできていない場合はブロックが生じたり、形が歪んだり回転速度が落ちたりします。女性で言えば子宮筋腫や子宮がんなどは、女性性を大切にできていない際のサインです。男性社会に合わせすぎな場合に起こります。不健全に速度が速くなるとお菓子ばかりを欲しがったりテレビから離れられなくなったり、買い物依存やセックス依存などとして現れます。

    3. ソーラープレクサス・チャクラ(太陽神経叢)

自尊心や自己肯定感、自分でいることの心地よさを司るチャクラです。いわゆる自分軸と呼ばれるものもこのチャクラになります。自分でいることが安心なので自信があります。ここが弱くなると自分軸で生きられずに他者に振り回されたり、相手に迎合して自分を見失ったりします。不健全に速度がはやいと見栄やプライドが先行して本来の自信が損なわれます。

    4. ハート・チャクラ

感情や情緒を司る心のチャクラです。自分や相手の痛みを理解し、共感能力を発揮します。ここにブロックがあると、自分の気持ちがわからない、感情を感じない、悲しみを感じないなど不感になります。また回転速度が速すぎると感情的になり過ぎたり周りが見えなくなることもあります。〇〇するべき、や、△△ねばならない、という硬直した思考パターンは、ハートチャクラが閉じている(ブロックがある)典型的な症状です。

    5. サイマス・チャクラ

ハート・チャクラの少し上にある自尊心や自愛を司るチャクラです。相手や他者よりもまず自分を大切にできる自尊心を養います。ここが弱いと自分を犠牲にしてまで相手に尽くしたり、相手の顔色を伺って自分らしさを犠牲にしたり、自分を責めたりします。自分を許すことを司るチャクラでもあります。また境界線がひけずに過干渉になったり、逆に相手に干渉させたりします。

    6. スロート・チャクラ

自己表現やコミュニケーションを司るチャクラです。自分の気持ちや意見を適切に表現できる方法を磨きます。言いたい事を言えずに飲み込んだり、建て前や社交辞令を多用したりするとブロックが重なったり形が歪んできます。回転速度が速すぎると、相手の言っていることを聞こえないフリをしたり、相手の言葉をはぐらかしたり、一言多いなどとして現れます。

   7. サードアイ・チャクラ

洞察力を司るチャクラです。物事の表面的な姿ではなく本質を見る目を養います。ブロックがあると明晰性を欠いたり、物事の表面的な部分しかとらえられない、妄想と現実の判断がつかなくなるなどとして現れます。回転速度が速すぎると理屈っぽくなったり頭でっかちになりがちです。

   8. クラウン・チャクラ

叡智を司るチャクラです。宇宙意識との繋がりを示します。ブロックがあると短絡的で狭いものの見方しかできなかったり、物事を多面的に解釈することができなくなります。回転速度が速すぎると妄想的になります。

チャクラが開くとは

チャクラが開くという表現がありますが、人によりその解釈は様々あると思います。ここでは私なりの解釈と定義を載せておきます:

チャクラが開くとは、各チャクラの浄化が滞りなく完了し、色が澄み渡り明るさを増し、適切な速度でバランスよく回転している状態のことを指します。この状態では、人間の潜在能力は開花し、より良い人生を生きることが可能になると言われます。

チャクラをクリアに保つには

一番の方法は:

Stay True to Yourself = 自分に正直であること

Always Speak Your Truth = 常に自分自身の真実を語ること

それは必ずしも世間的に正しいこと、受け容れられることとは限りません。むしろその逆のことが多いでしょう。

自分にとって何が大切か、自分の本当の気持ちに対して正直になるということです。

チャクラを適正に保つにはこれが最適と、私のマスターであるクレイグから教示されました。つまり誠実であれ、ってことですね。

癒しのワーク

チャクラをクリアに保つためには、癒しのワークを行って浄化を進める必要があります。

チャクラが機能不全に陥るとすれば:

  • ブロック
  • 変形
  • 回転速度の不具合

に分かれます。

例えば、セイクラル・チャクラに不具合があるとします。

ブロックにせよ、変形にせよ、過去生から持ちこしてきた傷である場合も多いのです。前世でレイプされた経験がある、などのケースです。

今世では:

  • 何となく自分のセクシュアリティを恥に感じてしまう
  • 自分自身のセクシュアリティを受け容れられないと感じてしまう
  • 相手に気を遣って思い切ってセックスを楽しめない

などの現象として現れてきます。

じっくりと潜在意識に抑圧されている感情を紐解いて解放していく作業が必要です。セクシュアリティに対して自分が感じている戸惑いや感じ方をしっかりと言語化して表現していくのです。これはとても大切なステップで、声に出して表現することで、潜在意識まで意識の光を貫通させ感情の解放を促すことができます。この感情的な抑圧が癒され解き放たれると、チャクラのブロックは解消されていきます。

比較的日本に多いケースでは、スロート・チャクラのブロックがあります。言いたい事を飲み込んで周囲へ迎合したり、本音を言わずに社交辞令だけの人間関係を築いていたりするケースです。その場合は、自分の内面の真実にしっかりと繋がり、適切な表現方法で自己表現する必要があります。そうすることでブロックは解消していきます。

レイキを始めとしたエナジーワークを行うと、チャクラのブロックが浮上しやすくなります。好転反応と呼ばれますが、その際に適切に対処できると浄化はぐっと進みます。対処の仕方はPDF資料としてお渡ししていますので、そちらを参考にされてください。

Home > 記事一覧 > チャクラをクリアに保つには

Posted By :

Akiko

ソウル・ヒーリングをテーマにしているエナジーワーカーです。

プロフィールはこちらからご覧ください。お問合せはこちらからお願いします。

本サイトはリンクフリーですが、記事の無断転写はお断りします。


Please subscribe to my email list!

Recent Articles

  1. Panchakarma: Where to Receive and How Much?

    Feb 15, 18 09:20 AM

    Compare locations and prices to decide the best place to receive traditional Ayurveda panchakarma treatment for 21/28 days. For profound detox and purification of the physical, mental and emotional bo…

    Read More

  2. Use Affirmation in Better Way to Make It Work

    Feb 01, 18 08:03 PM

    Are you wondering why affirmation doesn't work? There is a better and more effective way of using it. Learn about it and make it work. And optimize its effects.

    Read More

  3. Forgiveness: Three Steps to Set Yourself Free

    Jan 29, 18 08:13 PM

    Learn what it takes to forgive. Three steps to forgiveness and set yourself free from the old timeline. And manifest true self-realization. You have the key to true liberation.

    Read More