変化の時代に問われる本物の自信

ホーム > passive-aggressive を解消する> 変化の時代に問われる本物の自信

昨日2018年2月15日はソーラーエクリプス(日蝕)ありました。

エナジーショック感じられた方もおられるかと思います。

エネルギーのシフトは年数回発生する月蝕・日蝕で大きく促されます。潜在意識に作用して、浮かび上がる必要のある不要なエネルギーを刺激してきます。

波動の移行は今やとてもスピード感があるので、1~2か月の間にエネルギー的には大きく動いて変化していくことが普通に起こりますね。

自信とは一体どんなことか

さて、今回は「自信」について書いてみたいと思います。

これからの時代、「自信」が問われてくると感じているのです。なぜなら、従来の価値観や考え方、基準などが大幅に変化・広がりを見せ、その多くがすでに崩壊を見せ始めているからです。

こうした時代において、外の世界の変化に振り回されずにしっかりと軸を持った生き方をしていくためには「自信」が問われてきます。

「自信」とは一体なんでしょうか?

皆さんは自信ありますか?

どれくらい自分に自信がありますか?

何かができる、能力がある、何かを所有している、そういうことでしょうか?自分にできることが増えれば自信も増えますか?スキルが増えれば自信も増えるでしょうか?

過去数年私は自分自身と向き合ってくる中で、少しずつ分かってきたことがあります。

自信とは内面の感覚を信じることができる力

自信とは、自分の内面の感覚を信じる力のこと。内面の感覚を信じて、それを唯一の指針として人生を歩んでいける力のこと。

幸いにして私は、幼いころより今に至るまで「内面の感覚」がとてもしっかりとある人でした。

多くの人は、内面の感覚との間に断絶が起こっているために、内面につながれないといいます。

私は常に自分の中にしっかりと感覚があり、少しでも自分の真実と合わない・ズレているものがあれば気持ち悪くなりますし、自分の真実を語っている・行っているときにはとても心地よく、幸せな気持ちになります。

私の唯一の葛藤は、その内面の感覚を「信じ切ることができなかった」ことです。

感覚はしっかりとあるものの、どこかで「こう感じている自分はおかしいのだ」「こう感じている自分は間違っている」という罪の意識や自責の念があったのです。

自分に自信がなかったのです。

わかりやすいように例え話をしてみます:

ここにAさん、Bさん、Cさん、Dさん、Eさんと、5人の人がいるとします。

この5人に同時に赤色のパネルを見せます。その後一人ひとりに「何色ですか?」と質問をしていきます。

Aさんは「赤色」と答えました。Bさんは「黄色」と答えました。Cさんも「黄色」と答えました。Dさんも「黄色」と答えました。Eさんも同様です。

「赤色」と答えたのはAさんだけで、あとの4人は全員「黄色」と答えたのです。

同じように、今度は「青色」のパネルを見せ、質問をしていきます。

Aさんは「青色」と答えました。残りの4人は全員「白」と答えました。

この実験を続けていくと、最終的にAさんはどのように感じ始めるでしょうか?

恐らく「自分は何かがおかしいのか?なぜ自分だけ違うのだろう、自分は何か間違っているのか?」と感じ始めると思うのです。

これが「自信がない」状態です。つまり、「自分の感覚を信じきることができない状態」です。

他と違う自分でいられることが自信

それでも「自分には赤色や青色に見えるのだ」とハッキリと言い切れることが「自信がある状態」、他の誰がなんと言おうと「自分自身の感覚を信じることができる状態」です。

これからの時代は、この「自信」が問われてくると私は思っているのです。

世間、社会、組織、会社、他人、自分以外の人など、外の世界のものは当てになりません。たとえどれほどそれがもっともらしく思えようとも、自分の中でそれが真実でないなら、それは自分の真実ではありえないのです。

Bさんには「黄色」に見えるかもしれないけど、自分にはやはり「赤」なのだ。それでいい。

自分軸で生きていくとは、こうした感覚をしっかりと大切にできるということです。

この軸を確立できるようになるまでには、インナーワーク(内観)やセラピーを通して:

  • 自己否定的なエネルギーや不要な感情を手放し
  • 刷り込まれている不要な信念や思い込みを手放し
  • 本来の自分のエネルギーに戻っていく

というプロセスを通る必要があります。そのうちに「自分の感覚を何よりも信じる」という「力」が付き始めます。

最初は微(かす)かなもので、大事に育てないとすぐにダメになってしまうほど脆(もろ)いものです。エゴの声とはそれほど強力なものです。自分の感じ方を否定する、間違いだとする声はとても強いのです。

私は様々な人々のサポートを得ながら、自分の内面の感覚をしっかりと信じること、それにGoサインを出すことを筋トレのようにコツコツと行ってきています。

今でも自己否定の意識や不要な感情パターンが浮かび上がることはありますが、それに飲み込まれたり振り回されたりすることはありません。

月蝕や日蝕などエナジーシフトが起こるときには、まだまだ残っている不要なものが表面化しやすいチャンスとなります。

こうしたときに、しっかりとワークを行って手放すものはしっかりと手放し、志を新たにして確実に進んでいけたらよいと思います。

今回もお読みくださりありがとうございました ^^

関連記事:

ホーム > passive-aggressive を解消する> 変化の時代に問われる本物の自信

The Author of This Article

Akiko

ソウル・ヒーリングをテーマにしているエナジーワーカーです。

プロフィールはこちらからご覧ください。お問合せはこちらからお願いします。

本サイトはリンクフリーですが、無断転写はお断りします。


Please subscribe to my email list!

Recent Articles

  1. Panchakarma: Where to Receive and How Much?

    Feb 15, 18 09:20 AM

    Compare locations and prices to decide the best place to receive traditional Ayurveda panchakarma treatment for 21/28 days. For profound detox and purification of the physical, mental and emotional bo…

    Read More

  2. Use Affirmation in Better Way to Make It Work

    Feb 01, 18 08:03 PM

    Are you wondering why affirmation doesn't work? There is a better and more effective way of using it. Learn about it and make it work. And optimize its effects.

    Read More

  3. Forgiveness: Three Steps to Set Yourself Free

    Jan 29, 18 08:13 PM

    Learn what it takes to forgive. Three steps to forgiveness and set yourself free from the old timeline. And manifest true self-realization. You have the key to true liberation.

    Read More