睡眠パターンの変化に対しできる2つのこと

ホーム > よくあるアウェイクニング17の症状 > 睡眠パターンの変化に対しできる2つのこと

この記事は英語を日本語に置き換えたものです:Insomnia | 2 Profound Things You Can Do (原題)

2018年1月15日

睡眠パターンの変化はアウェイクニングの症状でもよくある症状の一つです。近年この症状に悩まされる方がとても増えている印象を受けます。私が睡眠パターンの変化を経験し始めたのは2010年のことでした。

当時の私はアウェイクニングの症状のことすらも知らず、まったく手がかりがないなかで一人で切り抜けるしかなかったのです。

その時の経験から、どのように対処できるかについてまとめてみたいと思います。

ありのままの現状をそのまま受け容れる

アウェイクニングの過程で睡眠のパターンが乱れる理由はいくつもありますが、このページでは原因よりも対策の方にフォーカスしていきたいと思います。

2010年のある時から:

  • 毎晩何度も目が覚める
  • 午前3時前後に目が覚めたまま眠れなくなる

という状態に陥りました。

毎日この状態が続きました。それ以来長きに渡り、睡眠パターンの変化や乱れは私の悩みとなりました。

当時はまだ香港にある銀行でフルタイムの仕事をしていました。毎朝出勤しなければならないし、職場では職務を果たさなければなりませんから、かなりしんどい思いをしました。

ちなみに、私は睡眠パターンの変化や乱れを「睡眠障害」とは呼ばないことにしています。「障害」と呼ぶと何やら悪いことのようで、あってはならない現象や症状のようなニュアンスを感じるからです。

現状を改善するためにいくつも方法を試してみましたが、どれも効果はありませんでした。知り合いや友人も、様々な方法を進めてくれました。全く効果はありませんでした。

そしてある時点で私は「この状態をなんとかしよう」とする努力を一切やめて、現状をすべてそのまま受け容れることにしたのです。

私が行ったことは:

  • 夜何度も目が覚めて、午前3時に目が覚めたまま眠れないという現状をそのまま受け容れ、なんとかしようとする努力を手放す
  • 自分の生活をそれに合わせて変える

この二つです。

3時に目が覚めたら、その時々でできることを探してやりました。趣味の書道をやったり、陶芸の作品を作ったり、料理をして豪華な朝食を作ったり、アロマオイルを使ったバブル・バス(泡風呂)に使ったりしました。ときには近所の公園まで散歩へ出かけたりしました。

職場では昼休みにできるだけ仮眠を取りました。そして毎晩8時か9時にはベッドへ就くようにしました。寝付けなくても身体を横たえて休養するようにしました。

眠れないという現状に合わせて、生活の方を変えていったのです。

サレンダーしたのです。現状をありのままに受け容れ、何とか変えようとすることを一切やめたのです。

サレンダーすると磁場に凪(なぎ)が生まれる

サレンダーすると何が起こるのでしょうか?

サレンダーするとエネルギー場(磁場)に凪(なぎ)が生まれる

現状を何とかしたい、変えたいと努力しているときには、エネルギー場に抵抗勢力(ゲイル・フォース)が生まれます。これは消耗しますし、エネルギーを奪われます。サレンダーすると、抵抗勢力がなくなりエネルギー場がリラックスします。

睡眠パターンの乱れは、2012年に自然と改善し元に戻りました。

この対処法はあまりにも単純でピンとこないかもしれません。ですが時として、ありのままを受け容れることが唯一の解決策であることが少なくないのです。

不眠の治療法はいまだに発見されていません。医者へ行けば薬を出してもらえるかもしれません。それも良いでしょう。

ですが少し考えてみて欲しいのです。

「健康を保つには一日〇時間寝なくてはいけない」とか「とぎれずに朝までぐっすりと眠らなくてはいけない」等の固定観念を手放す良い機会かもしれません。

私の当時のライフ・コーチは私が夜しっかり眠っていないことを「問題視」して、「そうであってはならない」と様々な策を提示してきました。

本当にそうでしょうか?

現状は「眠れない」なのです。そのことに抵抗してそうであってはならないというのは、マインド(頭)だけなのです。

不眠に隠された沢山の恩恵

なんとかして睡眠の問題を解決しようとする努力を手放した私の心は平安でした。眠れなくても、それで「悩む」ことはなくなったのです。

日中疲れが出たら、無理せずに会社を早退して休みました。とてもシンプルです。

一連のことから多くの洞察を得ることができました。

もっと自分を優先すること。体調を優先すること。自分のやりたいように、欲するままに生活をアレンジしていくことが大切だということ。それをしても良いのだということ。心と身体が訴えることに耳を傾けることの重要さ。頭はそれを実現させるために使うということ。

大きな解放感がそこにありました。自分のニーズを優先させて良い。他の何よりも先に。

一見問題や悩みに見えることの中に、沢山の恩恵が隠れています。何かしらが起こるときには、何か大切なことに気づきなさいよというサインなんです。もっと自分を大切にすること。私はそれを学びました。

もしも今あなたが睡眠パターンの変化を経験中なら、肩の力を抜いて是非このことを見直してみてください。

この記事が参考になりましたら幸いです ^^

ホーム > よくあるアウェイクニング17の症状 > 睡眠パターンの変化に対しできる2つのこと

Posted By :

Akiko

ソウル・ヒーリングをテーマにしているエナジーワーカーです。

プロフィールはこちらからご覧ください。お問合せはこちらからお願いします。

本サイトはリンクフリーですが、記事の無断転写はお断りします。


Please subscribe to my email list!

New! Comments

Have your say about what you just read! Leave me a comment in the box below.

Recent Articles

  1. Panchakarma: Where to Receive and How Much?

    Feb 15, 18 09:20 AM

    Compare locations and prices to decide the best place to receive traditional Ayurveda panchakarma treatment for 21/28 days. For profound detox and purification of the physical, mental and emotional bo…

    Read More

  2. Use Affirmation in Better Way to Make It Work

    Feb 01, 18 08:03 PM

    Are you wondering why affirmation doesn't work? There is a better and more effective way of using it. Learn about it and make it work. And optimize its effects.

    Read More

  3. Forgiveness: Three Steps to Set Yourself Free

    Jan 29, 18 08:13 PM

    Learn what it takes to forgive. Three steps to forgiveness and set yourself free from the old timeline. And manifest true self-realization. You have the key to true liberation.

    Read More